◆ 2016年 7月 7日  787回 例会 ◆
≪ 本年度第1回例会 ≫   例会場:ニューオータニ幕張

 
     

   ●地区役員         第3分区Aガバナー補佐    卯田 惣治郎
                 第2790地区直前ガバナー  櫻木英一郎様
                 第2790地区パストガバナー 宇佐見 透様
   ●千葉ロータリークラブ   会 長            田中 昌夫様
                 前地区幹事長         梶原 等様
   ●新千葉ロータリークラブ  会 長            長谷川七三一様
                 幹 事            稲葉 弘尚様
                 パスト会長          高橋 潤一様
   ●千葉西ロータリークラブ  会 長            遠藤 平様
                 幹 事            前野 拓郎様
                 会長エレクト         大森 薫様
                 副幹事            野口アキ子様
                 直前会長           野口 正夫様 
                 パスト会長          西川 昇様 
                 パスト幹事          野城 隆憲様 
   ●千葉中央ロータリークラブ 会 長          松本 俊英様
   ●千葉幕張ロータリークラブ 会 長          伊藤 愛彦様
                 幹 事          原 啓介様
                 直前会長         吉田 広行様
                 パスト会長        始平堂玄昌様
                 パスト会長        宮本 和夫様
   ●千葉東ロータリークラブ  会  長           吉田 朋令様
                   幹  事           千田 直樹様
                  パスト会長         高柳 啓一様
                  パスト会長         吉田 宏一様
                                鳴海 寿裕様
                                李恵蘭 様
   ●千葉若潮ロータリークラブ パスト会長        服部 正規様

 
   「乾杯(新年度を祝して)林田 英樹 直前会長」
 
 

昨年は大変お世話になりました。ありがとうございました。
昨年度に引き続き本年も若潮ロータリーを宜しくお願いします。








 
    会長挨拶 & 理事会報告  清水 隆会長  
   本日はお忙しい中を、千葉若潮RC 初例会にご参会いただきました皆様には、大変感謝しております。
 第2790地区 卯田ガバナー補佐を初め、櫻木直前ガバナー、宇佐見パストガバナー、梶原前地区幹事長、そして第3分区A 6クラブ会長・幹事、会員の皆様にもご参加頂きまして誠にありがとうございます。
1999年5月20日(平成11年)千葉若潮RC創立から、チャーターメンバーを初め、歴代パスト会長、そして会員の皆様が歴史と伝統を築き上げてきました「千葉若潮ロータリークラブの2016-17年度 「第18代会長」を務めさせていただきます 清水 隆です。この素晴らしいクラブが20周年を目前に、より素晴らしいクラブになるために、微力ではございますがクラブのために頑張る所存でおりますので、理事・役員の皆様をはじめ、会員の皆様にも、この1年間ご支援ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
2016-17年度国際ロータリー会長ジョン・ジャーム氏の会長方針が「人類に奉仕するロータリアン」というテーマを発表されました。それに続き、地区の行動指針は「感謝と挑戦」となっております。2016-17年度のクラブテーマを「繋がりのあるロータリー」とさせて頂きます。
皆さんも、よく聞かれると思いますが「ロータリーとは」 何だと思いますか? 私は、ロータリークラブをボランティア団体と考えるより、ボランティア活動に興味を持った人達が集った団体であると考えております。ボランティア活動を志す団体の、ロータリアン一人ひとりに「奉仕の理念」を、育ませる為の研鑽場所がロータリークラブであると考えております。そのためには、クラブ奉仕活動の中で、毎週おこなわれている例会が、重要な役割を担っていることが分かります。より充実した例会を開催するために、各委員会の「連携」とご協力を頂きまして、充実した例会を「立案」できますように会員の皆様からのご指導を頂きながら、ご協力の程よろしくお願い致します。

 
   2016-17年度国際ロータリー第2790地区委員委嘱状贈呈
 
   清水会長 ロータリー財団委員会補助金小委員会委員











 
     

 千葉中央RCガバナー補佐 卯田 惣治郎様

 皆様こんばんは、只今ご紹介にあずかりました、今年度ガバナー補佐を勤めさせて頂きます。卯田と申します。
千葉若潮RCそして清水会長、佐々木幹事、今年度初例会、おめでとうございます。
RI会長ジョン・ジャーム氏の会長方針「人類に奉仕するロータリアン」が発表され、地区からは「感謝と挑戦」が発表されました。
私の考えでは、人類に奉仕するは上から目線に取られやすいので、全世界の人達に、が適切ではないかと思います。ロータリアンが有るべき姿として全ての事に対して感謝の念を持って立振舞うことです。たとえば、私がガバナー補佐になった事に感謝し、皆様の前に立って挨拶をする事に感謝する。1つ1つに感謝の気持ちを持って人のために何かをする機会を与えられた事に感謝する事です。皆様にも感謝する姿勢を理解して頂けると思っております。そして今、ロータリークラブの現状を考えますと更なる前進を図るための行動が求められています。
各クラブで課題解決の目標を立て、会員がロータリアンになって良かったと思うようなクラブ活動と運営方針の立案。また、仲間の輪を広げることで、会員増強に結び付ける事が、クラブの活性化になると思います。今年度は、感謝の気持ちを持って挑戦して下さい。第3分区Aに貢献出来るように微力ながら頑張りますので、清水会長も、一年間頑張って下さい。


  千葉西RC会長 遠藤 平様


 ただいま、ご紹介賜りました千葉西ロータリークラブ2016-2017年度会長を仰せつかりました遠藤 平と申します。
お見知りおきの程、よろしくお願い申し上げます。
 本日は、千葉若潮ロータリークラブ2016-2017年度初例会がかくも盛大に格調高く開催されましたこと、心よりお喜び申し上げます。
 千葉若潮ロータリークラブは1999年5月20日に創立総会、6月2日にRI承認、2000年1月29日にチャーターナイトを此処ホテルニューオータニ幕張にて開催されました。千葉酉ロータリークラブ初代会長、故大塚憲章氏が特別代表としてクラブ創立のお手伝いが出来ました事を誇りに思う所であります。以来、貴クラブ歴代会長、幹事、諸先輩方のご尽力により、素晴らしい奉仕活動を展開されております事に深甚なる敬意を表するものであります

 
    加藤時春・内藤一夫・原田宗広 会員  
      誕生祝挨拶 内藤一夫会員

 誕生祝いありがとうございます。今月で63歳になります、60歳を過ぎた頃から年を取るのが急に
早くなった様な気がします、これからは仕事とロータリー活動をより充実  させ日々を大切に過ごして行きたいと思います。



 
   「2015-16年度クラブ会計監査報告」15-16年度会計監査人 平山勝己会員



 
   クラブフォーラム「新年度基本方針」 
 
 
 清水 隆会長    佐々木宣雄幹事
     
 
    佐々木宣雄幹事 「幹事就任挨拶」

 皆様、改めまして今晩は。
この度2016-17年度清水新会長のもと、幹事を務めさせて頂<こととなりました佐々木です。1年間よろしくお願い致します。
 はじめに前年度会長・幹事を務められました林田さん・中路さん(欠席ですが)、1年間本当にお疲れ様でした。
また、卯田ガバナー補佐はじめとし、近隣ロータリークラブ多数のロータリアンの皆様方におかれましては、お忙しい中、当クラブ今年度初例会にご来会いただき、まことにありがとうございます。
 さて、いよいよ清水丸の出航となってしまいました。と同時に、この先に待ち受けているであろう嵐のような重責に耐え忍ぶ1年が始まったと思うと、嬉しいやら悲しいやら怖いやら、いずれにしろ非常に身の引き締まる思いです。
 まだ入会して4年と1ケ月ということで知識も経験もない私が幹事という大役が務まるのかと正直不安ではあります、諸先輩方よりご指導いただきながら理事・各委員会の皆様のお力添えを得て、そして事務局の助けを借りながら、クラブ発展の―助となれますよう精―杯、クラブ運営に力を尽くしてまいろうと思っております。
 本年度、RI会長テーマは「人類に奉仕するロータリー」でありますが、私にはそんなだいそれた奉仕ができるとは思っておりません。
私はこの1年間人類ではなくひとまず「清水会長に奉仕するロータリー」を自分の中でのテーマとして掲げ、清水会長を支えながら、幹事の職責を全うしたいと思っております。
 また清水会長の掲げるクラブテーマが「繋がりのあるロータリー」ですが、これに関しましては、自分の考えや意志を伝達するのがいささか苦手な清水会長でございますので、私が会長と会員の皆様を繋げられればと思っております。
 ということで来年の6月に無事、清水丸が「会長・幹事交代式」という港へ帰港できますよう是非とも皆様のお力添えをお願い申し上げまして挨拶に代えさせて頂きます。今年度1年間、よろしくお願い申し上げます。