◆ 2018年7月28日  第789回 例会 ◆   
例会場:ホテルニューオータニ幕張

 清水 隆会長

 先週の、新年度活動方針パートⅠにて、松原クラブ奉仕委員長、内藤定雄職業委員長、内藤一夫クラブ会計ありがとうございました。
 本日のプログラムは、新年度活動方針パートⅡとなります。
大木社会奉仕委員長、鵜沢国際奉仕委員長、土屋青少年奉仕委員長、豊田SA委員長のご協力を賜り、宜しくお願いいたします。
 先週お話ししたように、私がロータリーに興味がもてた切っ掛けの1つに、地区での活動があります。地区に出向する事で「責任」が見えてきました。千葉若潮RCの責任を背負っての行動が見えてきました。自分の評価よりもクラブの「品格」を守る為の行動が見えてきました。色々な事が見えてきた中から学び、行動することが自分自身の研鑽となっていると感じています。
クラブの「品格」を守る為の、私なりの簡単な方法として、普段からロータリアンである「品格」を持ち歩く事(自信がなくても)、ロータリー活動を体験する中から品格を見つけ出し学び、継続していく事だと思っております。
 これからは、地区や第3分区Aの各クラブとの繋がりを作って行く事で、興味を持つ切っ掛けになると思います。クラブに於いては、奉仕活動の理解や関心を学ぶことが活性化に繋がっていくと思います。その繰り返しになりますが、継続の中から、カッコイイロータリアンを見つけ出し、クラブの伝統、品格を作り上げていきましょう。
今年度は、会長挨拶として沢山の貴重なお時間を頂いたことに感謝しております。この1年を謙虚な気持ちを持って学んでいきたいと思っております。私が感じ、学んだロータリーのお話しをさせて頂きますのでよろしくお願いします。そして皆さんが感じ抱いている疑問や興味などの、ご質問等があれば、それについて学び会長挨拶として発表させて頂きますので、ぜひとも私に言ってください。そして皆さんも一緒に学んでいただければ、幸いと考えおります。


     新年度活動方針パートⅡ  「五大奉仕委員会・SAA」
 
   大木 英之 社会奉仕委員長
 今年度の社会奉仕委員会は、紺野さん、杉山さん、西村さんと全員が例会で顔をあわせるのが年に1回くらいのメンバーですので、なんとか1回はきちんと委員会を開ければと思います。
 具体的な活動としては、青少年ゴルフミーティングの中身がより深いものになるよう社会奉仕委員会として何ができるかを考えながら、当日のプログラムに反映させていきたいと思います。
 第二にゴルフミーティング以外の奉仕活動をクラブとして今後取り組んでいくのかをアンケート、クラブフォーラムにより実施し、意見を集約し、次年度意向の活動につなげていけるように取り組みたいと思います。
 最期に、社会奉仕は超我の奉仕の実践活動だと思いますので、社会奉仕委員長がまず自ら奉仕活動を実践し、会員の先頭に立って活動していければと思います。
 
 
 
鵜沢 和広 国際奉仕委員長
今年も引き続き委員長です。
私は若潮のメンバー全員が国際奉仕委員と思っています。
3年目ということでわがままを言わせていただき、今年もカンボジアの事業をしたいと思います。日程は乾季を選び、来年の2月18日から22日と考えています。今年1月に行ったときにカンボジアで教職となる先生の卵の皆さんにお会いしその純粋さに感動しました。是非また行きたい、今度はメンバー全員参加で考えて行きたいと思っています。
今年は清水会長の努力で30万円の地区補助金と、クラブの30万円も足して60万円ありますのでさらに効果的な事業ができると思います。
私が委員長やるのは今年まで。次の事業は次の方が決めるので私が委員長の間しかカンボジアにはいけないかもしれない、と思い、皆さんの参加をお待ちします。
来年は会長職を離れ優秀なツアーコンダクターとして林田さんも参加しますので皆様楽しみにしてください。


 
   土屋 大陸 青少年奉仕委員長
鵜沢さんと同じく私も委員長3年目となります。
ゴルフの話題で恐縮ですが昨日の同好会で散々な目にあい元気がありません(笑)
今一度このテーマを考えましたが、青少年といえば小、中、高という年代です。青少年奉仕は今いるわれわれが次世代を担う人たちにはしっかりした夢を持ってもらい、平和な世界を実現して渡してあげる事だと思います。
奉仕の意味を掘り下げ私も皆さんと一緒に考えたいと思います。
またゴルフミーティングで子供たちに言ってきた中で、教えてくれる選手に対する尊敬とか感謝を感じてもらいたい、そのために選手に実際に打ってもらいプロのすごさを感じてもらうセッションを作りたいと思っています。
お金がないとできない、といった環境も打破していきたく感じています。


 
  豊田 裕己 SAA
綱島PP、原田会員と3人で進めて参ります。どうぞ宜しくお願い致します。
SAA活動方針

① 例会の定時運営を心掛けます。皆さんのご協力をお願い致します。
② 第1例会はクラブ内の例会に徹し、清水会長の時間を中心に、地区各種会合の報告や、誕生・結婚祝いの時間を設けます。また、米山記念奨学金特別寄付金\500、ふれ愛基金\500、RC財団協力金\1,000の合計\2,000の協力をお願いして参ります。
③ ニコニコBOXの協力をお願いし、責任をもって管理する。年間目標は一人\30,000とする。また、待合で飲物を提供し、売上の一部を寄付する。
④ 年中行事に沿った食事の提供をし、事前告知による例会出席率の向上を図る。
例) 7/7 七夕、7/30 土用丑の日など