◆ 2017年 8月31日 832回 例会 ◆
第 2 回 ク ラ ブ 協 議 会  例会場: ホテルニューオータニ幕張

    第3分区Aガバナー補佐 宮本和夫様  ラック・チャリア様

 
   駒﨑節弥会長   
   
 本日は、今年度第3分区Aのガバナー補佐としてご尽力頂いております「宮本和夫」様にお越し頂きまして私共のクラブ協議会へのご出席誠に有り難うございます。新年度第一例会の時に今年度のクラブテーマを「自然に楽しもうロータリー」という事でスタートいたしました。今日でちょうど2ヶ月が終わろうとしています、そして今日が5例会目で先週は親睦事業の納涼家族例会でしたが、未だに緊張した例会が続いております。私は今年度会長としてロータリーを楽しんで貰おうと思っています、新入会員は勿論ロータリー歴の浅い会員の方々に、ロータリーを色々学ぶことも大事ですが、長くロータリーを楽しむ為には堅苦しく考えず気楽に例会やその他の事業などに積極的に参加してもらう事だと思っております、そうする事で自然とロータリーに馴染んでいき、徐々に学んでいけると思っております、私の入会当時は、ただただ例会に出席し食事をして、お話しするだけでという感じでした、その当時は周りには推薦者以外は殆ど初めてお会いする方ばかりで、皆さん立派なご年配の方ばかりに見えましたが、意外と堅苦しい事も無くごく自然に溶け込めるというそんな雰囲気がこのクラブにはあったと思います、ですから毎週のような例会がごく自然な事になっていました。
 今年度のRIのテーマを「イアンH.S.ライズリー」会長は「ロータリー:変化をもたらす」としております。皆さんご存知のように、ロータリークラブでは仕事以外の人たちと違った空気を味わえる場所と思いませんか?みんなに公平で、好意と友情を深められる場であると思いませんか、と言っても例会に出席しないと何もわからないと思います、変化もありません、例会に出席することで自然とロータリーの楽しさが解って来ると思う訳で、その中で事業等に参加し活動することでおのずと変化をもたらしてくるものと考えます
 私は今年度会長としての重責を真摯に受け止めて、「奉仕の理念」を研鑽する場として皆さんと共に自然に楽しめるクラブ作りを目指して行きたいと思っています、この後各委員長の皆様から今後の活動について報告をお願いし挨拶といたします。

 
    第3分区Aガバナー補佐 宮本和夫様  
 
 只今、ご紹介いただきました第3分区Aガバナー補佐の宮本でございます。
まずはお礼を申し上げます。8月20日に行われました千葉三代夏祭りに参加いただき誠にありがとうございました。
皆様のご協力で70名くらいの参加がありました。10月のガバナー短信にもその模様が載るようでございます。
「分区Bの若い人からはなんで誘ってくれなかったのだ。」と言われたり、「来年はどうするんだ」と聞かれますが「次回は次回の人に聞いてくれ」と答えています。
また、お願いが一つございます。9月15日ですが、ロータリー情報研究会が開かれます。各クラブ10名以上の参加をお願いしています。
今回の講師として群馬のパストガバナー本田先生をお呼びしており、また違った観点からのロータリー活動のお話が聞けるものと思ってます。後は協議会での討論となりますので、ひとつよろしくお願いいたします。

 
   「第2回クラブ協議会」
 
 
   (クラブ活動報告及び質議応答) 
 (進行司会) : 原田宗広幹事

会員増強&研修員会 :松原正吾委員長

クラブ管理運営委員会 : 内藤定雄委員長 

 
公共イメージ委員会 : 加藤時春委員長

 
 奉仕プロジェクト委員会: 綱島照雄委員長

奉仕プロジェクト委員会: 綱島照雄委員長

米山記念奨学会委員会 : 笠原秀一委員長