◆ 2021年 6月3日  936回 例会 ◆
 「常任委員会&会計 今年度を顧みて」
例会場:ホテルニューオータニ幕張

   
  国際ロータリー第2790地区第3グループガバナー補佐 藤澤武彦様

 
   中路泰博 会長  
  こんばんは。
藤澤ガバナー補佐、本日はお忙しい中お越し頂き有難うございます。
今年度も最終月を迎え、最後の定例理事会も先程無事に終えることができました。
今年度はコロナウィルスの影響で例会数も減り、ロータリー財団の寄付目標も達成は厳しいと思っていましたが、先月の例会でお願いしたところ多くの会員が協力してくれました。
よって、無事に目標達成出来たことをこの場を借りてご報告すると共に改めて御礼申し上げます。
来週の10日が最終例会となりますが、任期は今月末となっておりますので最後までご協力の程宜しくお願い致します。


 
  ※2020-21年度国際ロータリー第2790地区SRF検討委員会委嘱状手交
                委員 鵜沢和広会員  
 
   
 
 
 国際ロータリー第2790地区第3グループ ガバナー補佐藤澤武彦様 
 
 
皆さん、こんばんは。ガバナー補佐の藤澤でございます。
1年間、ありがとうございました。
若潮クラブにおいては、中路会長・伊藤幹事、本当にお疲れ様でした。コロナの影響は言うに及ばず、グループ再編の問題、ガバナー補佐選出の問題と様々なことがありました。
RIはロータリーの未来形成( SRF : Shaping Rotary’s Future ) の委員会を立ち上げ2030年を目途に地区の枠組みや組織改革を行うことを発表しました。2022年の規定審議会で採択が行われる予定です。
SRFについては、地区に任せるのではなく、クラブの中で様々な議論を重ね、地区の意見とすり合わせをして行くという姿勢が大切だと思っております。
先ほども、地区のSRF検討委員会の委員を鵜沢ガバナーデジグネイトがお受けになりました。是非、沢山のクラブの意見を集約しながら、良い方向に導いていただきたいと思います。鵜沢さん、よろしくお願いいたします。
以上でご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。


 
    伊藤宏司、大木英之、北原賢一 各会員  
     
   (大木英之会員のコメント)
今年の誕生日で49歳になります。 ロータリークラブに入会した時は35歳で、50代前後の諸先輩方の年齢までは まだまだ時間があると思っていましたが、あっという間に50代1歩手前の 年齢となりびっくりしています。 来年以降は、ガバナー年度に向けて忙しくなると思いますので、40代最後の 1年できっちり充電し、忙しくなる2年間に備えたいと思います。
 
 
 
    宮本賢治会員  
     
 
(宮本賢治会員のコメント )
おかげさまで、結婚29周年を迎えることができました。皆様!素敵なお祝い品をありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

 
    〔例 会〕  「常任委員会&会計 今年度を顧みて」  
 
   
 (会員増強&研修) 佐々木宣雄委員長

 (クラブ管理運営) 原田宗広委員長
   
 (公共イメージ) 村田秀喜委員長
(ロータリー財団・米山) 内藤定雄委員長 

   
( 奉仕プロジェクト) 鵜沢和広委員長

(SAA) 林田英樹会員 
   
伊藤宏司 幹事