English Here
TOP
会長挨拶
クラブの紹介
クラブの歴史
Member
クラブの組織
例会プログラム
会 報
野球部
RI会長メッセージ
ロータリーの歴史
ロータリーの目的
リンク
会員のホームページ
問合せ・メイキャップ
入会案内
Mail
2018〜2019年

千葉若潮ロータリークラブ

クラブテーマ『帰属意識を高めよう』




Shogo Matsubara

 2018-19年度千葉若潮ロータリークラブは、20周年を迎えます。この記念すべき年に会長を務めさせていただくにあたり、大きな重責を感じておりますが、それ以上に大きな栄誉も感じております。19名の歴代会長に比べ、入会歴や年齢の面からしてまだまだ会長としての責任を十分にはたせるか自分自身不安に感じていますが、折角いただいた機会ですので、精一杯努力して20代目の会長として1年間務めさせていただく所存です。
 ロータリークラブには、国、年齢、性別、職業を問わず様々な会員が所属しております。そこから生じる多様性がロータリークラブの大きな強みであり、その多様性による強みが2018-19年度国際ロータリー会長バリー・ラシン氏が言われる、「インスピレーションになる」ことを実現する上での強みとなること、そしてロータリーの奉仕が全世界でロータリーの重要度を高め、より良い世界を築く事に繋がると感じています。
 多様性を持つロータリークラブに対する考え方や関わり方も人それぞれであり、たぶんこれが正解と言う答えはないのかもしれません。特に近年ロータリークラブに対する従来とは異なる価値観や考え方も出てきており、ロータリークラブを通しての活動も様々に変化しており、認識の違いも多く出てきていると思います。
 しかし、ただ一つ共通の認識があるとすればロータリークラブに対する帰属意識だと思います。帰属意識があるからロータリークラブに所属し、活動に賛同できるのだと思います。2018‐19年度は周年事業もあり、会員の帰属意識を感じる機会が多いと考え、クラブテーマを『帰属意識を高めよう』としました。この機会に多くの会員の皆さんがロータリークラブに対しての帰属意識の高まりを感じていただけたら幸いに思います。
 皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。
                               2018年-19年度
                               会長 松原 正吾